熊本 コーチング

夜寝る前に行うべき習慣とは?-セルフルーティーン

成功している人というのは、自分自身を上手にセルフコントロールしています。

そこで、あなたにも試して頂きたいことがあります。
やることはとても簡単で、誰にでもできることです。

しかも自分に都合のいいように使ってもらえば、自分に都合のいいように返ってきます^^

無料でできる上に、誰の手伝いも必要なく、ほんの少しの時間でできることです。

成功している人は◯◯をしている!

成功している人は自分自身へ質の高い「質問」をしています。
「質問」することで人生をコントロールしているという側面があります。

そして、それを最も効率良く行うのに最適なタイミングが

「夜寝る前」

だと言います。

夜寝る前に、潜在意識へ「質問」を投げかけることによって
翌朝に答えを頂戴できる、というわけです。

フォーカスすべき2つのポイント

潜在意識というと、すこしスピリチュアル系や精神性といった部分に触れる感じではありますが
せっかくそれを実践して効果性を実感している人がいて
なおかつ、それがその人の成功の礎になっていると聞けば、実践しない手はないと思います。

そして、その行う「質問」でフォーカスするポイントは

1.できたこと、良かったことに着目する
2.◯◯するにはどうしたらいいのだろうか?

ということに絞られます。

1.できたこと、良かったことに着目する

自分自身に「良い」フィードバックを与えます
人間は普段、「出来なかったこと」や「マイナス」である側面に意識が行きがちです。

一日の最後に、意識を向けるべき方向を修正してあげるのです。
それが習慣化されることで、無意識や、その下での行動の自動化が進んでいきます。

2.◯◯するにはどうしたらいいのだろうか?

例えば、「自分の才能を発揮してできる仕事は何だろうか?」
と自分へと質問し、「明日の朝には答えを得ることができる!」
と信じて眠りにつくことです。

大事なのは、それを「信じ切る」ということです。

ありがちなのは、
「とは言っても、どうせそんなこと有り得ないよな…」

という「余計な最後の一言」です…^^;

潜在意識には、最後の一言が一番響くのです…!

ポジティブに終われば、そのように
ネガティブに終わっても、そのように導いてくれます。

具体的質問の例と思考の方向

具体的な質問事例を挙げておきます。

・今日良かったことは何だろうか?
・今日できたことは何だろうか?
・今日習慣化できたことは何だろうか?

例えば、どうしても悪いことが頭をよぎる場合でも

・今日の出来事から学べたことは何だろうか?
・他にはどのような方法があっただろうか?

という具合に「質問」の内容を変えることで
脳がフォーカスする「的」は別のところへと向かわせることができます。

・今回のことで、いい教訓を得ることができた
・これくらいの程度で済んで助かった

日中の思考グセも大切ですが、一日の終わりには思考を正しい方向へと修正しましょう!

 

出来事に意味なし⁉ 事実と解釈-考え方で人生は変わる 

生きていれば、色んなことが起こります
そして、その「物事自体」は誰にでも平等に起きていることにになります。

極端な例にすれば、太陽が昇って2020年1月1日が始まった
というのは、それを体験したすべての人に起きている出来事です。

でも、それをどのように受け止めるか?どのような意味として捉えるか?
これは、言ってみれば人口の数だけの解釈があるとしても過言ではありません。

事実はひとつ、解釈は無数

「事実はひとつ解釈は無数」という言葉があります。

出来事それ自体に意味はなく、
自分がどのように解釈をして意味を持たせるのか?
ということで、その出来事自体の意味が変わってくる、というわけです。

実のところ、
出来事自体には、私たちを落ち込ませたり、傷つけたり、喜ばせたりする力はありません。

プラスやマイナスの感情を伴って起きることもありません。
プラスなのかマイナスなのか?は、私たちの解釈レベルでの話なのです。

その差はとてもシンプル

「◯◯は楽しいですか?」

と聞かれた時に
「楽しいです!」
「苦しいです…」
と答えに違いが出るのは、とてもシンプルで

その「事実」ではなく、「事実に対する解釈」
捉え方の差である、ということです。

「楽しい」とか「苦しい」というのは、事実ではなく解釈の結果としての「感情」です。

これまで起きたことや、これから起こることに対して、どんな捉え方を選択するのか?

それは自分自身の考え方が決めています。
どれが正しい、ということではなく自分が解釈したことが現実だ、ということです。

解釈の質は人生の質

全てのことにプラスとマイナスの可能性があります。
どちらを選ぶかは自分で決めることができます。

そしてその選択と「解釈の仕方の質」は、「人生の質」そのものだとも言えます。

少しスピリチュアル的要素で言うならば
今世の自分は、前世での自分が出来なかったことを達成する目的がある
というところもあるようで、起きる出来事もある程度決まっている様です。
(あくまでも雰囲気で察してください^^;)

ただ、それをどのように解釈するかは
今世の自分の選択と判断に任されている、というのです。
要は、その選択次第で幸・不幸が変わってくる、と。

これまで手にしてきた結果は、解釈に基づいて選択した結果です。
そうであるならば、今苦しい状況だとしても
これからの出来事は、自分の解釈の仕方次第で劇的に変えることができます。

そして、この能力自体も全ての人に平等に備わっています^^

 

コロナ鬱・コロナ疲れ・コロナストレス、原因と対処法

コロナ禍。緊急事態宣言。
未知なるウイルスに対する恐怖と日々対峙しながら
今まで人類が経験したことのない生活環境の変化を受け入れながら過ごしてきました。

GW明けのSNS関連投稿では「ストレス」「鬱」といったものが急増しました。

「自粛」というワードも増え、心の面でのケアが重要であるとされています。

「コロナ疲れ」「コロナストレス」を感じている人も多く、
「コロナ鬱」を発症してしまいます。

現実逃避や凶暴化

普段は温厚な人が、自粛生活や活動制限が長引くにつれて
TVで気に障るニュースが流れるだけで怒鳴ってみたり
若い人でも、在宅勤務が長引いて逆に疲れやすくなった人もいるようです。

一般的に、このタイプの「鬱」は2,3ヶ月のタイムラグがあると言われます。
これには脳内物質の「セロトニン」が関係するようですが

脳みそ内には、この「セロトニン」が2,3ヶ月分は貯蔵されているそうです。
この「セロトニン」が枯渇する前に、精神面や身体の不調を察知し、
分泌を促すような生活改善をしていく必要性があります。

原因は・・・「不安」

コロナ疲れの元、原因は「我慢」と「不安」
この2つと共に、毎日毎日過ごしていることでストレスが溜まり
コロナ疲れ、コロナストレス、コロナ鬱という状態に陥ることになります。

厄介で、不思議なことに
人は、不安な時に不安になる情報を集めたがる」のです^^;

「不安」な自分と「不安を打ち消そうとする自分」

この相反する不協和音でいっぱいになった気持ちを
正当化しようとするがために、より不安な情報を得て納得したいのです。

予防法や対処法と免疫力

しかし安心してください。
今回のような状況下で不安になったり、ストレスを抱えることは
むしろ正常な反応と言えます。

そうならなかった人は異常である、というわけではございませんので悪しからず^^;

過剰反応しないように気を付けましょう。
必要な情報を得ることは大事ですが、それ以上の不安や恐怖を感じるような事は避けましょう。

免疫力を高める
軽症の人と重症化する人の違いは「免疫力」です。
免疫力を高めるのに、と~っても簡単でお手軽なモノがあります!

梅干し、生姜、ニンニクの3つです^^

「質の高い」梅干しと生姜を番茶に入れて飲みましょう。
ニンニクをすりおろしてチャーハンにしましょう。
これであなたの免疫力は上昇していきます!

適度な運動
陽の光を浴びることや適度な運動は「セロトニン」の分泌を促します。
また「セロトニン」は睡眠ホルモン「メラトニン」の原料でもあるので
睡眠の質を高めます。

お家ヨガは、3密を避けることができますし
「呼吸」によって副交感神経を高め、「瞑想」によって疲労回復、
集中力アップ、ストレスの軽減、リラックス効果があるとされています^^

 

上を向いて歩こう-一瞬で鬱症状から抜け出す方法とは?

その昔、坂本九さんという方が歌った「上を向いて歩こう」という歌があります。
アジア圏唯一の全米NO1獲得ソングで、みなさんフレーズくらいはご存知かと思います。

歌詞の中に「涙がこぼれないように・・・」とあり
「悲しくても上を見て元気に生きていかなくちゃ」
と、ふと思わせてくれるようなメロディーと雰囲気がありますよね^^

実際のところ、その通りで(笑)
「上を向いて歩く」ことには重大な秘密があったのです!

落ち込んでいる時は「下を向く」、「上を向く」のは?

人は気持ちが沈んできたり、落ち込んだりしている時は
「うつむき加減」「目線が下へ」向かったりします。

そうなんです。暗い気持ちの時は「意識が下へ」行くのです。

では、反対に嬉しい時、喜んでいる時はどうでしょうか?

そうです、単純に目線や顔は「上を向き」ます。
アスリート達を見ていても、優勝の瞬間、胴上げ、ガッツポーズなど
どれも両手を上げて「上を向いて」喜んでいます。

つまり、満足感や充足感、嬉しい時には自然と顔は「上を向く」のです。

身体と心の連動

喜びや自分にとってハッピーな時、人の顔は上を向きます。
身体が心に対して自然な反応をした時です。

心が沈んでいる時は、顔は下を向きます。
これも、身体が心に対して自然な動きをしたと言えます。

では逆に、身体の使い方によって、心の状況を変化させることは可能でしょうか?

答えはズバリ、可能です!

つまり、上を向くことで落ち込んだ気持ち、沈んだ心になることは不可能なのです!

試しにやってみてください。
目を開けて上を向きながら、暗~い気持ちになろうとしてください(笑)

多少感じるところはあっても、それ以上にはならないと思います。

同じことを下を向いた状態で行ってください。
即効、どこまでも落ちていきます(笑)

一瞬で鬱を治す!

身体と心の自然連動反応を利用することで
あなたの感情をコントロールすることが可能なのです。

メンタルが弱っていて、「うつ症状になりかけている」と感じたならば
青空を見る、上を向く習慣をつけましょう。

上を向きながら鬱を感じることはできませんから。
心療内科やクリニックを利用すること無く、一瞬で自力でクリアできます^^

「上を向いて歩こう」という歌の裏側には、制作者によってそんな意図が隠されていて
それが全米NO1 になった秘密なのかもしれません(笑)

自分自身やお知り合い、落ち込んでいる人がいたなら声を掛けてあげてください。

「上を向いて歩こう」と。

 

寡黙な男性、饒舌な女性-男女のコミュニケーションの違いとは?

無口な人、というのは比較的男性に多い。
対して女性は、お話し好きな人が多い。

たまたまそうだよね、と思う人は少ないでしょう。
その通りです。
それには明確な脳タイプの違いがあるんですね。
コミュニケーションのズレやすれ違いが生じる原因はそこにあります。

少しでもそれを理解しておくと、
様々な局面で対処法に困ることが減るのではないか?と思います。

男は戦う狩人。早く解決したい!(笑)

その昔、男は狩りに出ていました。

ちょっとでも弱みを見せようものなら、
狩り仲間から外される、相手に付け入るスキを与えてしまう、
といった恐怖から自分の弱さを悟られないようにしてきました。

つまり、自分の「弱さ=死」と同義語とも言えるため
そんなことはせず、あえて問題は忘れることで解決してきました。

問題が解決しない、あるいは、いつまでも延々とその話が続くことなど耐えられないので、
一刻も早く解決して、すぐに終わらせてしまいたいのです。
問題→解決→スッキリしてサッパリ、これが一番の安心感なのです。

女性はコミュニティ。話すことで満たされる

一方、女性はコミュニティ、集団をつくって行動してきました。
それが、自分たちの身を守る術だったからです。

周りの人達と協力して、子育てをしたり、料理をしたり、
おしゃべりという名の情報交換をしたりすることで
問題の対処法を得たり、ストレスを解消したりしてきました。

つまり、話をすること自体が解決方法なのです。

「そのこと」について話をしたいのです。

そこには、解決や結論は必要ありません。
むしろ、解決などしなくていいのです(笑)

解決してしまえば、ネタがなくなってしまいます(><)

それよりも会話を続ける方が、重要であり満足感なのです。
延々とおしゃべりを続けることが、心を満たしてくれるコミュニケーションなのです^^

お互いを理解し、尊重する

男性と女性の脳タイプの違い。
これは太古の昔より遺伝的にもたらされた違いなのですね。

解決したい男性、解決したくない女性。
ゴールが違うので、お互いの心理を理解できないのも無理はありません。
男女のコミュニケーションにおける永遠のテーマかもしれません(笑)

心に留めておきたいことは、お互いの脳タイプの違いを認識し尊重する
ということです。

感情的になっている相手に対して、こちらも感情をむき出しにしていては
衝突したまま平行線を辿るだけです^^;

「◯◯だったから、悲しい気持ちになりストレスを感じてしまったんだね」
と当事者意識で理解してあげるところから始めてみましょう^^

 

マイナスはプラスの5倍エネルギー!50音で唱える言霊

言葉には魂が宿る。
「言霊」という言葉を耳にしたことがあると思います。

日本では、古来よりそのように言い伝えられているところがあります。

良い言葉を使えば、良いことが起き
悪い言葉を使えば、悪いことが起きる

簡単に言えば、そのようなことになります。

では、実際にはどうなのでしょうか?
それを確認した実験結果がありますのでご紹介しましょう。

言葉の力「言霊」の威力

言葉の力を調べるために、水を用いた実験結果があります。
ペットボトルに水を入れ

一方には「ありがとう」と書きます。
もう一方には「ばかやろう」と書きます。

一晩置いたのち、その水の結晶を見てみると

「ありがとう」と書いた方の水は宝石のように結晶化していて
「ばかやろう」と書いた方の水は崩れ落ちたように変形してしまったのです。

他にも、水に美しい言葉や音楽を聴かせると、その結晶は美しく整うという実験結果が出ています。

プラスの言葉+、マイナスの言葉-

自分が普段から発している「言葉」は、とても重要です。

見るものや聞くものも大事ですが、それらを踏まえたとしても
「自分が自ら発する言葉、想い」というものが一番のカギとなります。

そこで常日頃、毎日毎日、いつでもどこでも、今すぐにでも(笑)
使いたいのが「プラスの言葉」です。

有名なところでは、斎藤ひとりさんが仰っている天国言葉
小林正観さんの神言葉、がありますね。

・プラスの言葉
ツイテル、嬉しい、楽しい、愛してる、感謝、幸せ、許します、など。

・マイナスの言葉
ムカつく、ばかやろう、くそやろう、疲れた、辛い、苦しい、許せない、など。

かの、オードリーヘップバーンも言っています。
「魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使うことです」

最初に受け取るのは自分

「愛や感謝」のような言葉は、美しい結晶を作りだし
「暴力的」な言葉は、結晶を破壊してしまうエネルギーを持っています。
ことに、マイナス言葉はプラス言葉の5倍のエネルギーを持っているとも言われますので
要注意!です。

 

特に日本語というのは、世界でも珍しい言語といわれ
「あかさたな」の50音は全て「単音」です。

日本語とは、一音で多数の役割を果たすこともあり
一音それぞれに意味がある、稀な言語なのです。

自分が言葉を口に出すことで
最初にそれを受け取るのは自分自身です。

独り言であれ、相手のいる会話であれ
まずは、あなたの耳から全身へと伝わります。

ここで思い出してください。
人間の身体の約70%は水分であるという事実。

水の実験結果はどのような事実を反映しているか?ということです。

質素な食事でも「ありがたい」と言って、感謝の気持ちでいただけば
美味しいご飯が食べられます^^

女性の方は、特に意識されると良いでしょう。
男性のみなさんも首を縦に振ると思います。
女性から投げかけられる言葉ひとつで、男性はどのようにでも変われるのです…!

 

目は口ほどに物を言う-目から受け取るサインの数々を見逃さない!

※今回の新型コロナウイルス関連肺炎で亡くなられた方々にお悔やみ申し上げると共に
影響を受けた方々の一日も早い回復と、感染の早期終息を心よりお祈り申し上げます。

 

人生とは、つまり人間関係そのものだ、というところがあります。

相手のふとした仕草や、ちょっとしたクセで
その人の深層心理が手に取るように読み解くことができれば
コミュニケーションの質において役立つこともあるでしょう。

今回は、とりわけ「目」が発するサインの種類を見ていきましょう。
ことわざ通り「目は口ほどにモノを言います」

目から受け取るサインの数々

人は何か興味を惹かれたり、欲しい、好きだ、と思うものを見た時などの
ポジティブな感情が生じた場合にも「瞳孔」が開きます。

人は興味ある対象に出会うと、思わずじっと見つめてしまうことがあります。
何かをよく見るときには、自然と瞳孔が開きます。
その反対に、嫌いな人や、苦手意識がある人に対しては、瞳孔が開くことはありません。

簡単に言うと「嫌い=縮小」「好き=拡大」という図になります。

もし、あなたをじっと見つめて、目を見開いているという時は
高い確率であなたのことを好意的に捉えていると考えてよいでしょう。

かと言って、確認してみようと、あまりにもジロジロ見すぎると
気持ち悪がられたり、失礼な人だと誤解される危険があるので、そこは注意しましょう(笑)

会話をしながら、さりげなく目を合わせる、目が合った時にニッコリ笑うなどの仕草で
あくまでも自然な振る舞いで居ましょうね。

目を捉えて、◯◯で感情を捉える

目が「心の窓」であることを示す研究は各所でなされています。
人は何かを脳内でイメージしている時、その内容により目の動きを変える、ということがあります。
つまり、目が動く方向で思考中の内容を捉えることができるのです。

ポーカープレイヤーは色の濃いサングラスして
カードを引いたときの自分の瞳孔をチェックされないようにしています。

このことからも分かるように
相手の瞳孔の開閉は、その人の感情の動きや意思を推し量る大きなヒントとなります。

その人の感情を素早くキャッチしたいという時に注目すべきなのは、相手の「顔の左側」
「人の感情は顔の右半分より、左半分に出やすい」とされています。

本当の笑顔、本当でない笑顔

人が笑う時、大きく動きが生じるパーツと言えば「口元と目」

しかし、どんなに楽しそうに見えても目と口が同時に動いて笑顔になった場合は「つくり笑い」疑惑が濃厚です。

楽しいことがあったとき、人は
「まず口元をゆるめ」

次に
「目の表情を崩していく

という順序になります。
両方が同時に動くのは、そこに何らかの意図が存在していると考えられます。

そのような笑顔の特徴が、「一瞬で消える」ということ。
自然に発生した笑みであれば、徐々にフェードアウトする感じで消えていきます。

そして相手の発言が、ひと段落するたびに
相手の目を見てあげると、あなたが内心ではどう思っていようと
「分かってくれている!」という印象を与えることになります。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

選択のコツ!人生を運良く過ごせるようになる3つの方法

人生は選択の連続と言われます。
実際に、その通りだと思います。

ただ、現代はその選択肢が多すぎて、しかも煩雑であることが多い…^^;

今日は、選択に迷った時の対処法、物事を選ぶ時の判断基準のコツを
3つの方法という選択にしてみました!(笑)

ご自身に合った、やり易かった、上手くいったものをご活用ください。

どちらが先か?ではなく、どちらが大切か?

私を含め(笑)真面目な人にはありがちですが
約束や予定が被ってきた場合に「こっちが先だったから」という理由で
先約をチョイスしてしまいます。

しかしながら、一旦立ち止まり、
それよりも自分にとって「大切」な方を選びましょう。

先の方を選んではダメということではありません。
先約の方が大切であれば、そちらを選択してください。

人間関係等もあるので、常に何でもかんでも、というわけにはいかないと思いますが
これは選択に失敗しない、という内容ではありません。
いかに「後悔をしない」人生を歩むか?といったところの「選択のコツ」ということになります。

イエスを選択する、難しい方を選択する、もし◯◯あったら~

二者択一、もしくは様々なオプションがありすぎて迷ってしまう時。

昔の偉人が残した言葉があります。

「イエスを選択する、難しい方を選択する」

即効性のある格言ですね^^;

ただ、

直感で選択したことと、考えに考えた末に選択したことに
およそ違いはない、と言われていてそのようなデータも出ています。

選択肢や色々な、しがらみが多く関連する場合。

「もし、貯金が10億円あったら、どの道を選ぶのか?」

この質問で、あなたのやりたいこと、やらなくてもいいことは見えてくるでしょう。

点数を付けてみる

自分が取った行動の記録をとります。
そして、後でひとつひとつの行動に点数を付けてみます。
例えばA~Eの5段階評価としましょう。

やる前の期待数値:やった後の実数値
A     :    E

上記は極端な例ですが、およそこのように評価付けしていきます。

それらを比較して並べていくと、案外面白い結果が出ることに気付きます。

・面倒だったけど、やってみたら結果良かった、と思える用事と
・面白そう!と胸ふくらませてたことがそうでもない、別に行かなくてもよかった

的な出来事になることがあります。

これらを見直していくと
実際に自分に合った適正な用事というもの、やったら嬉しくなる、幸せを感じられる
というものを迷わずに選択できるようになるでしょう。

 

3段階で分かる、心配性の解消法-必要な心配と不要な心配

誰しも不安になったり、どうしても心配が拭い切れない時があります。
それは決して悪いことではないのですが

◯◯しすぎること。例えば心配し過ぎること。
これは、どんどん自分が苦しくなっていきます。

これを修正していくには、どうしたらいいのでしょう?

その辺りを今回はご紹介していこうと思います。

自分はなぜ心配症なのか?

そもそも、心配性の原因は何でしょうか?

それは「自分の自信の無さ」から来ることだと考えられます。

加えて、頭の中で考えすぎている状態です。

私達は一日に約6万語を頭の中で考えると言われていますが、
そのうちの約9割はネガティブな言葉だというのです。

つまり、頭の中で考え過ぎるほどに心配の種ばかりが増えてしまい、
結局一歩が踏み出せなくなってしまいます。

心配症と向き合う3段活用

その1 まず、気付く

心配症が発動してしまった時、そこに先ず気づきましょう。

どういう時か?
そうです、頭の中で考えすぎている状態の時です。

それを一旦中断するためのコツは、

「言葉にして、口に出す」ことです。

その2 「自信がない状態になっていることを自覚する」

なんで、心配しているんだろう、、
いつから、こんなに心配性になってしまったんだろう、、

改めて自分に問いかけ、向き合います。

その3 「自分は~~」を付け加えて、問いかける

心配し過ぎている時というのは、往々にして「自分を見失っている状態」になっています。
周りの反応を気にしたり、自分には無理なんじゃないか?と思い込んでしまいます。

原点に立ち戻る意味で、
「そもそも、自分はどうしたかったんだっけ?」と置き換えて問いただすことで、

客観的視点から判断できるようになり、一歩を踏み出せるようになってきます。

起きてもいないことを心配しない

現代は約4割の方が毎日何らかの心配をしている、というのです。

で・す・が、

おもしろい研究結果が出ていて、現実にその心配事が起こる可能性は15%! だというのです。

逆に言うと、「あなたが心配し続けているその心配事は85%の確率で起きません!」

と、いうことなんですね。
さらに言うと、85%の心配事が起きなかったうえに、反対に「良い結果になった」というのです。

 

「じゃ、15%は起きる、ってことでしょ?」

そう思いますよね。

もちろん心配事が起きる可能性は0%ではないのですが、
起きたとしても、その約8割が自力で解決できた、となっています。

自力では解決し難い心配事というのは、あなたが考えているうちの3%にしか過ぎない、のです。
つまり、あなたの心配事のうち、97%は実際には起こりません。

それを今から心配し過ぎる必要はないのではないでしょうか?ということです。

問題なのは、心配を抱えすぎている状態です。

そして「失敗は許すことができる」ことも同時に頭の隅にいれておきましょうね^^

 

明日やろう、は馬鹿野郎!スグやるクセ付け5秒ルール

こんにちは!

早いもので2020年が始まって1ヵ月が経ちました。
もうさすがに通常の生活リズムは取り戻せているでしょうか!?

ところで、ですが
皆さん元旦に立てた目標の進捗具合はいかがでしょうか・・・???

順調に推移している人もいれば、そうでない人もいらっしゃるでしょう。
早くも挫折に瀕している方もいらっしゃるのでは?(笑)

今回は、どうしても「後回し」や「明日やろう」癖が付いている方に朗報です!
タイトルにもある通り「明日やろう、は、馬鹿野郎」と言われていますから・・・。

人間は言い訳づくりの天才!

人間という生き物は、なんだかんだと
もっともらしい言い訳を見つけては後回しにしようとする生き物です。

困ったものです^^;

きっと、私も含めて皆さん経験済のことと存じます。

「今日は気分が乗らないから、明日の朝イチでやろう・・」
「今日は落ち込んでいるから、やっぱ明日にしよう・・」
「時間が遅くなったから、明日でもいいや・・・」

「もう今日はやめた! 来週!」みたいな^^;

青天の霹靂、寝耳に水。
もちろん予期せぬ出来事や不測の事態ということも有り得るので一概には言えませんが

「おさぼり病」には、効果てきめんの調合があります。

それは、、、

 

「あっ、◯◯◯やらなきゃ!」 そう思った瞬間にやるのです。

即、行動。

あ、「そんなん当たり前やろ!」と思われました?

そうなんです、当たり前なんです、
でも、それができていない・・・。

分かっちゃいるけど、できていない。
それが人間という生き物だったり、私という生き物だったりするんですね(笑)

実際に行動する秘訣

でも、ご安心ください。

そんな自分を実際に行動させるには「コツ」があったんです。

それが、 スグやる「5秒ルール」 です!

今やっていることを止めて、他のもの事やスマホをいじるのをやめて
5秒以内に行動を起こすのです!

逆に、それ以上時間が経過すると
我々の脳みそは「やらなくてもいい、言い訳を作り出して」くれます^^;

5秒以内に動き出してしまえば、その後はグッと「ラク」です。
good luck(グッドラック)です(;’∀’)

朝起きるときも同じ原理です。
寒い、眠い、ダルい、、、

でも。

頭の中でカウントダウンするのです

「5、4、3、2、1」
「よっしゃー!!」

・・・OK!^^

ただし、その5秒間は「辛い」です(笑)
でも、そこだけです。

これは人間の原理だけじゃないんですよね。

・電気も一緒です。

・クーラーやヒーターも一緒です。

・車も一緒です。

みんな、スイッチを入れるその「瞬間」が一番エネルギーを必要とするのです。

でも稼働してしまえば、その後はエネルギーの消耗は安定してきます。

まとめ

人生の中の「5秒」です。

そして、その5秒をケチって引き延ばすことで
一体どれくらいの面倒くささが増していくことになるでしょう・・・。
焦って、余計な危険を招いてしまうこともあるかもしれません。

そうなる前に、そうなるよりも、
掛け声をかけるのです。

今日も、せーの、

「5,4,3,2,1、GO!」^^