うつ

季節の変わり目は「うつ」の変わり目?3つのコントロール

「季節の変わり目だから体調管理に気を付けて」とは、よく耳にする言葉ですね。
春夏秋冬、その季節の変わり目は気候や気圧の変化に反応して
体調を崩しやすいのも事実で、心にもその影響を及ぼすことがあります。

「冬将軍」の到来とも言われるこの季節。
体内時計の調子がおかしくなっていしまい、「冬季うつ病」「ウインターブルー」
などとも言われる症状が出やすいこの時期に
気を付けておくべきポイントを押さえておきましょう。

日照時間が関係している?

冬場の日照時間が大きく関係していることが考えられています。
日照時間が減ると、脳内の「セロトニン」分泌が減って気分が低下したり、
睡眠を促す「メラトニン」分泌のバランスもおかしくなることが原因ではないか?
とされてるのです。

また、体内時計の乱れも起因しているのではないか?ということです。
実は私達が持つ体内時計は24時間ではなく、25時間であると言われています。

この体内時計をリセットして、24時間時計と帳尻合わせる役目が「日光」です。
不規則な生活や夜勤に従事していると体内時計に悪影響を及ぼします。

冬場は、そもそも日照時間が少ないので様々なリズムが乱れやすいのです。

働き方に要注意!

大抵の日本の方は、正月休みに入るために年末の仕事量や日程が過密になりがちです。
忘年会なんかも相まって、それはそれは睡眠不足や疲労が蓄積しがちであります(笑)
(今年はコロナで夏同様、有り難自粛と感じる人もいるでしょうか?)

そして、そのまま1週間程度の間に
人ごみの中、帰省したり深酒したり初詣したり、とさらに睡眠不足と疲れを助長します(笑)

さらには、引き続き生活リズムを取り戻せないまま
仕事初めに向かい、回復の見込みがないまま年度末へ向けて疲労を加速させます。

インフルエンザや新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行って
精神と肉体のストレス軽減、食べ過ぎ飲み過ぎには注意して、ちゃんと睡眠を取る。

ん~、ごくごく当たり前のセリフ回しになってしまいました。。。

3つのセルフチューン

1・手元ライトを消す

明るすぎる蛍光灯は不安感を高めることがあります、あまり知られていませんが。
必要な時ももちろんあるでしょうが、時折はライトを消して目を休めましょう。
目が休まると気持ちも休まります

2・デスクの上を片付ける

これは冬に限ったことではありませんが、気分の落ち込みはデスクの上に現れます。
書類をまとめる、文房具を定位置へ、除菌ティッシュなどでデスクやキーボードなんかを拭いてみる。
目の前が整理整頓されると、気持ちもリセットできます。
紙媒体に関しては、平積みするのはよくないので立てて収納するようにしましょう。

3・深呼吸する

これは自力で出来る最も大切な行動と言えます。
私達の自律神経で、唯一コントロールできるのが「呼吸」なんです!

意識的に操作することが可能なので、肩の力を抜いて、深く息を吸って、8秒ほど息を止めて
横隔膜を使って、ギリギリまで息を吐き出す。

この工程を数回繰り返すだけで、かなりの気分転換や体へのリラックスを感じるので
お試しくださいね^^

そして日光を浴びて、しっかりと睡眠を取りましょう!

 

上を向いて歩こう-一瞬で鬱症状から抜け出す方法とは?

その昔、坂本九さんという方が歌った「上を向いて歩こう」という歌があります。
アジア圏唯一の全米NO1獲得ソングで、みなさんフレーズくらいはご存知かと思います。

歌詞の中に「涙がこぼれないように・・・」とあり
「悲しくても上を見て元気に生きていかなくちゃ」
と、ふと思わせてくれるようなメロディーと雰囲気がありますよね^^

実際のところ、その通りで(笑)
「上を向いて歩く」ことには重大な秘密があったのです!

落ち込んでいる時は「下を向く」、「上を向く」のは?

人は気持ちが沈んできたり、落ち込んだりしている時は
「うつむき加減」「目線が下へ」向かったりします。

そうなんです。暗い気持ちの時は「意識が下へ」行くのです。

では、反対に嬉しい時、喜んでいる時はどうでしょうか?

そうです、単純に目線や顔は「上を向き」ます。
アスリート達を見ていても、優勝の瞬間、胴上げ、ガッツポーズなど
どれも両手を上げて「上を向いて」喜んでいます。

つまり、満足感や充足感、嬉しい時には自然と顔は「上を向く」のです。

身体と心の連動

喜びや自分にとってハッピーな時、人の顔は上を向きます。
身体が心に対して自然な反応をした時です。

心が沈んでいる時は、顔は下を向きます。
これも、身体が心に対して自然な動きをしたと言えます。

では逆に、身体の使い方によって、心の状況を変化させることは可能でしょうか?

答えはズバリ、可能です!

つまり、上を向くことで落ち込んだ気持ち、沈んだ心になることは不可能なのです!

試しにやってみてください。
目を開けて上を向きながら、暗~い気持ちになろうとしてください(笑)

多少感じるところはあっても、それ以上にはならないと思います。

同じことを下を向いた状態で行ってください。
即効、どこまでも落ちていきます(笑)

一瞬で鬱を治す!

身体と心の自然連動反応を利用することで
あなたの感情をコントロールすることが可能なのです。

メンタルが弱っていて、「うつ症状になりかけている」と感じたならば
青空を見る、上を向く習慣をつけましょう。

上を向きながら鬱を感じることはできませんから。
心療内科やクリニックを利用すること無く、一瞬で自力でクリアできます^^

「上を向いて歩こう」という歌の裏側には、制作者によってそんな意図が隠されていて
それが全米NO1 になった秘密なのかもしれません(笑)

自分自身やお知り合い、落ち込んでいる人がいたなら声を掛けてあげてください。

「上を向いて歩こう」と。